1. TOP >
  2. 歯周病について >
  3. 歯周病の予防 >
  4. ハブラシの選び方・使い方

ハブラシの選び方・使い方

ハブラシの選び方・使い方

歯周病のはじまりは、歯周病菌が歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)の中にたまって、増えていくことです。歯周病のケアに適したハブラシを選ぶことで、歯周ポケットの汚れをかき出し、キレイに保ちましょう。

歯周ポケットケアに適したハブラシ3つのポイント

1.毛先の細いもの
歯周ポケットを効果的にブラッシングするには、毛先が超極細になっているハブラシが適しています。

ふつうの毛先

通常のハブラシの毛先※イメージ図

普通のハブラシは、毛の直径が約0.2ミリ前後。
毛の太さは均一です。

超極細毛の毛先

超極細毛のハブラシの毛先※イメージ図

超極細毛のハブラシの毛先は、わずか約0.02ミリ。毛の中程から根元に向かって適度に太くし、コシが出るように設計されています。
毛先が細いことで、歯周ポケットにも無理なく入り込みます。

2.ヘッドが自分の口に合っていること

ヘッドが自分の口に合っていること※イメージ図

すこし小さめの方が、お口の中のすみずみまでブラッシングしやすく、汚れも落としやすいでしょう。

3.毛のかたさが適度なこと

毛のかたさが適度なこと※イメージ図

毛はかたすぎると歯ぐきを傷つけてしまい、やわらかすぎると汚れを落としきることができません。自分に合ったものを見つけましょう。

適切なブラッシングで、歯周病の原因をつくらない

歯周病ケアには、歯垢(プラーク)をしっかり除去することが大切。しかし、歯垢(プラーク)はネバネバしているため、水だけでは落とすことができません。適切なブラッシングを行うことで、確実に歯垢(プラーク)を落とすようにしましょう。

  • 歯と歯ぐきのすき間に45度の角度でハブラシを当てます。

    歯と歯ぐきのすき間に45度の角度でハブラシを当てます。

  • 軽い力(150~200gが目安)で小刻みに動かします。5~10mmを目安に、1~2本ずつみがきましょう。

    軽い力(150~200gが目安)で小刻みに動かします。5~10mmを目安に、1~2本ずつみがきましょう。

  • 歯垢(プラーク)がたまりやすい場所を意識して丁寧にブラッシングをしましょう。※イメージ図

    歯垢(プラーク)がたまりやすい場所を意識して丁寧にブラッシングをしましょう。

効果的に歯周ポケットケアをするなら、ハブラシは1ヵ月に一度交換しましょう

毛先が開くと汚れの除去効果が約6割に落ちてしまいます。ハブラシを裏側から見て、毛先が横にはみ出していたら、交換の時期。毎月8日の「歯の日」を交換の目安にしてもよいでしょう。

ハブラシの植毛部の開き具合とプラーク除去率

ハブラシの植毛部の開き具合とプラーク除去率

※(公財)ライオン歯科衛生研究所調べ※日本小児歯科学会 1985