1. TOP >
  2. 歯周病について >
  3. 歯周病の診断 >
  4. 歯周病セルフチェック

歯周病セルフチェック

歯周病は、自分で気づかないうちに進行してしまう恐ろしい病気です。
歯や歯ぐきの状態を観察してみましょう。

歯周病予防のため、まずは自分のお口の状態を知りましょう!

歯周病予防のため、まずは自分のお口の状態を知りましょう!

歯肉の色が赤い、もしくはどす黒い。
歯と歯のあいだの歯肉が丸く、腫れぼったい。
歯肉が、疲労時やストレスがかかっているときに腫れやすい。
歯肉が退縮して、歯と歯のあいだにすき間ができてきた。
歯が長く伸びてきた。
歯の表面を舌でさわるとザラザラする。
歯みがき時などに歯肉から出血しやすい。
起床時に口が苦く、ネバネバして気持ち悪い。
歯肉を押すと白い膿がにじみ出てくる。
歯の動揺がある。
歯と歯のあいだに食べ物が挟まりやすい。
上顎の前歯が出てきた。
人から口臭があると言われる。

出典:野口俊英ほか:歯周病のチェックポイントと予防法、口腔ケアのABC(河合幹ほか編)、医歯薬出版、1999, p168

以上の項目に1つでも当てはまったら、歯周病の恐れがあります。歯科医院の検診に行きましょう。

歯周ポケットマン

歯周病は気づかないうちに進行していきます。
だから、歯周病になる前のケアが大切です!

歯周ポケットマン

歯周病は気づかないうちに
進行していきます。
だから、歯周病になる前の
ケアが大切です!