1. TOP >
  2. 歯周病について >
  3. 歯周病の予防 >
  4. 歯周ポケットケアが大切

歯周ポケットケアが大切

歯周ポケットマン

歯周病にならないためには、歯周病菌が増殖しやすい歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)を日々ケアすることが大切です。歯周ポケットケアのポイントをおさえて、健康な歯と歯ぐきを維持していきましょう。

歯周ポケットケアで歯周病を防ぐ
システマ 3つの特長

システマは3つの特長で歯周ポケットをケアします。

  • 1. 歯周病菌の巣を浸透殺菌
  • 2. 歯周ポケットの汚れをかき出す
  • 3. 歯周病菌をよせつけない
歯周ポケットケアが 大切なんだね!
歯周ポケットケアが 大切なんだね!

歯周病を防ぐ歯周ポケットケアの
ポイント

歯周ポケットケアのポイントをご紹介します。

1.歯周病菌の巣を内部まで
浸透殺菌

歯周病菌の巣を内部まで浸透殺菌

歯周病菌の巣を内部まで浸透殺菌※イメージ図

歯周病菌の巣は強力なバリアとなっています。その中に入り込んで内部まで浸透殺菌する薬用成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合されたハミガキやデンタルリンスを選びましょう。

2.歯周ポケットの汚れをかき出す

超極細毛で歯周ポケットの奥の汚れまでかき出す

超極細毛で歯周ポケットの奥の汚れまでかき出す※イメージ図

歯周ポケットは狭くて深いため、普通のハブラシではなかなかハブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届きません。歯周ポケットの奥の汚れまでキレイにかき出すには、超極細毛のハブラシを使うことをおすすめします。

3.歯周病菌をよせつけない

歯周病菌をよせつけない

歯周病菌をよせつけない※イメージ図

歯周病菌を殺菌するだけではなく、コーティング剤を配合しているハミガキやデンタルリンス(液体ハミガキ)を使用しましょう。薬用成分IPMPで歯周病菌をよせつけないことが大切です。

より効果的に歯周ポケットをケアするには

より効果的に
歯周ポケットをケアするには

1.そのほかの歯周病予防製品との併用

そのほかの歯周病予防製品との併用

歯周ポケットを効果的にケアするために、デンタルリンスや歯間用ブラシをうまく活用しましょう。

2.歯科医院で歯周病検診

歯科医院で歯周病検診

みがき残しが固まった歯石はセルフケアだけでは取り除くことはできません。歯科医院で定期的な検診を受け、歯周病を予防しましょう。