1. TOP >
  2. 歯周病について >
  3. 歯周病の予防 >
  4. 早めの歯周病セルフケアが大切

早めの歯周病セルフケアが大切

歯周ポケットマン

歯周病にならないためには、歯周病菌が増殖しやすい歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)を日々ケアすることが大切です。歯周病セルフケアのポイントをおさえて、健康な歯と歯ぐきを維持していきましょう。

歯周病プラークとは

プロフィール

名前
歯周ポケットマン
出身
口の中
誕生日
11月8日(いい歯の日)
年齢
永久歯
性格
歯周ポケットがキレイなときは、とても元気。
でも汚れがたまっていると、急激に落ち込む。
趣味
歯周ポケットを見せつけること。
特技
ビッグハグ・ハイタッチ
好きな動物
ライオン
使命
自らの歯周ポケットをめくって、歯周病の恐ろしさと歯周病プラークの殺菌、除去の大切さを伝えていくこと。

システマの特長

1. 歯周病プラークを徹底殺菌

歯周病プラークを徹底殺菌※イメージ図

薬用成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が歯周ポケットの奥にひそむ歯周病プラークに浸透して徹底殺菌。

2. 歯周病プラークごと汚れをかき出す

歯周病プラークごと汚れをかき出す※イメージ図

普通のハブラシでは入らない狭くて深い歯周ポケットも、超極細毛のハブラシであれば歯周ポケットの奥の汚れを歯周病プラークごとかき出すことができます。

3. 歯周病菌をよせつけない

歯周病菌をよせつけない※イメージ図

コーティング剤配合により、薬用成分IPMPが歯周病菌をよせつけません。

より効果的に歯周病ケアするには

1.そのほかの歯周病ケア製品との併用

そのほかの歯周病予防製品との併用

歯周ポケットを効果的にケアするために、デンタルリンスや歯間用ブラシをうまく活用しましょう。

2.歯科医院で歯周病健診

歯科医院で歯周病健診

みがき残しが固まった歯石はセルフケアだけでは取り除くことはできません。歯科医院で定期的な健診を受け、歯周病を予防しましょう。

歯周ポケットマン(良い状態) 歯周ポケットマン(悪い状態)

プロフィール

close
<名前> 歯周ポケットマン
<出身> 口の中
<誕生日> 11月8日(いい歯の日)
<年齢> 永久歯
<性格> 歯周ポケットがキレイなときは、とても元気。でも汚れがたまっていると、急激に落ち込む。
<趣味> 歯周ポケットを見せつけること。
<特技> ビッグハグ・ハイタッチ
<好きな動物> ライオン
<使命> 自らの歯周ポケットをめくって、歯周病の恐ろしさと歯周病プラークの殺菌、除去の大切さを伝えていくこと。