1. TOP >
  2. システマTOP >
  3. 製品ラインアップ >
  4. システマ歯間用ブラシ

システマ歯間用ブラシ

製品ラインアップへ

歯周病になりやすい奥歯の歯間もしっかりケアできるL字型歯間用ブラシ

システマ歯間用ブラシ SSS(超極細タイプ)8本入り SS(極細タイプ)8本入り S(細めタイプ)8本入り M(普通タイプ)8本入り

システマ歯間用ブラシ SSS(超極細タイプ)8本入り SS(極細タイプ)8本入り S(細めタイプ)8本入り M(普通タイプ)8本入り

歯周病になりやすい奥歯の歯間も
しっかりケアできる
L字型歯間用ブラシ

歯周病になりやすい奥歯の歯間もしっかりケアできる、耐久性に優れた高品質の歯間用ブラシ。

歯周病になりやすい奥歯の歯間もしっかりケアできる、耐久性に優れた高品質の歯間用ブラシ。

製品の特長

1. 奥歯の歯間部へも挿入がスムーズな、L字型歯間用ブラシ

奥歯の歯間部へも挿入がスムーズな、L字型歯間用ブラシ

2. 歯間サイズとお口の状態に合わせた4サイズの品揃え

サイズ 適した場所 最小通過径
SSS
(超極細タイプ)
特に狭いところ(前歯部) ~0.8mm
SS
(極細タイプ)
やや狭いところ(前歯部+臼歯部(きゅうしぶ)) 0.8~1.0mm
S
(細めタイプ)
歯ぐきが下がっていたり、歯並びが悪いところ 1.0~1.2mm
M
(普通タイプ)
歯間がやや広いところ(歯ぐき下がりやブリッジを装着している箇所) 1.2~1.5mm
  • SSS(超極細タイプ)
    適した場所
    特に狭いところ(前歯部)
    最小通過径
    ~0.8mm
  • SS(極細タイプ)
    適した場所
    やや狭いところ(前歯部+臼歯部(きゅうしぶ))
    最小通過径
    0.8~1.0mm
  • S(超極細タイプ)
    適した場所
    歯ぐきが下がっていたり、歯並びが悪いところ
    最小通過径
    1.0~1.2mm
  • M(普通タイプ)
    適した場所
    歯間がやや広いところ(歯ぐき下がりやブリッジを装着している箇所)
    最小通過径
    1.2~1.5mm

3. ブラシ部分は耐久性に優れた当社独自の設計を採用

折れにくく、曲がりにくい超高強度ワイヤーと、ワイヤー強度を高める先細ノズルの採用により耐久性に優れています。

4. お口の中で使いやすいコンパクトヘッド

5. しっかり握れるロングハンドル

しっかり握れるロングハンドル

ロングハンドル(108mm)なので届きにくい奥歯の歯間もしっかりケアできます。

使い方の手順

  • 使い方の手順
    close

STEP1

鉛筆を持つように手にとりましょう。

鉛筆を持つように手にとりましょう。※イメージ図

STEP2

鏡を見ながら、歯ぐきを傷つけないようにゆっくり斜めに差し込みます。

鏡を見ながら、歯ぐきを傷つけないようにゆっくり斜めに差し込みます。※イメージ図

STEP3

歯間用ブラシを水平にし、歯の面に合わせて前後に2〜3回動かします。奥歯は歯の内側からと外側から、両方行いましょう。

歯間用ブラシを水平にし、歯の面に合わせて前後に2〜3回動かします。奥歯は歯の内側からと外側から、両方行いましょう。※イメージ図

STEP4

隣り合った歯それぞれに軽く当て、キレイにしましょう。

隣り合った歯それぞれに軽く当て、キレイにしましょう。※イメージ図

STEP5

使い終わったら流水ですすぎ、風通しのよい場所で保管しましょう。

使い終わったら流水ですすぎ、風通しのよい場所で保管しましょう。※イメージ図

取り替え時期について

歯間用ブラシの毛先が乱れたり、短くなってきたりしたら取り替え時期です。

歯間用ブラシの毛先が乱れたり、短くなってきたりしたら取り替え時です。※イメージ図

歯周病ワンポイント講座

歯と歯のすき間はハブラシの毛先が届きにくく、歯周病が発生しやすい場所の1つです。ハブラシだけではお口全体の6割程度の歯垢(プラーク)しか取り除くことができません。一方、ハブラシと併せて歯間用ブラシを使うと、9割以上の歯垢(プラーク)を取り除くことができます。歯間用ブラシを上手に使って、歯周病をケアしましょう。

毛先が届きにくい歯間部の歯垢(プラーク)除去率

毛先が届きにくい歯間部の歯垢(プラーク)除去率※山本他日本歯周病誌1975

ハブラシだけと比べて歯間ブラシを併用することで、歯と歯の間の歯垢(プラーク)を取り除く効果がグンとアップするという研究報告があります。